住宅ローン控除を受ける条件

住宅ローン控除とは、住宅(新築・中古とも)やマンション(新築・中古とも)などのを購入したときに支払った住宅ローンにおいて、一定の条件を満たした場合には税金が還付される制度です。確定申告は会社員はほとんどしないでしょうけど、この控除を受けるには各自税務署に行って申告が必要です。

この住宅ローン控除を受けるには条件があります。1:住宅を取得してから6カ月以内に入居しすること。2:控除を受ける年の所得が3000万円以下のこと。3:入居した年とその前後2年間に”特別控除を受けていないこと。4:専有面積が50平方メートル以上のこと。5:中古住宅の場合は建築後25年以内であること。6:住宅ローンの返済期間が10年以上のこと

控除金額を知る計算方法をご紹介します。その年のローン残高によって変わってきます。また入居年によって最高金額に変動があります。平成18年=最高3000万円、平成19年=最高2500万円、平成20年=最高2000万円です。控除率も年によって変動があります。1~6年目は借入れの1%、7~10年目は借入れの0.5%です。

住宅ローン控除を申請するには、二通りあります。税務署へ確定申告に行く方法と国税庁のホームページからインターネット経由での申請とがあります。初めての確定申告でしたら地元の税務署にいくと無料指導の日がありますので楽だと直接行くのが良いでしょう。確定申告タイミングは多くの人が集中してとても混雑します。地元の広報誌をチェックして申し込みを早め済ませた方が安全です。


フラット35
35年全期間固定金利!2.63%!繰上返済手数料無料のSBIモーゲージ!

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2